介護職としてブランクがある人におすすめの働き方

もう一度介護の現場で働こう

ブランクがあるならパートがおすすめ

徐々に感覚を取り戻していける

ブランクの理由

どのような理由でブランクが空いてしまうのかをまずはみていきましょう。女性が離職する理由として多いのは、やはり結婚や出産、それに伴う子育てです。時期が来れば再就職したいと考えていても、日々の生活に追われてなかなか実現できずに悩んでいる女性も多いようです。
また、自分の親や祖父母などの介護が必要になって離職するケースもあります。夫は働き続けて、妻は家族の介護にあたるパターンが多いようです。この場合は介護生活が続いた分だけブランクが空くことになります。また、病気や怪我によって働き続けることができなくなり離職した場合だと、回復するまでの期間によってブランク期間が変わります。

女性が活躍しやすい

介護職は女性が働きやすい環境が整っているという特徴があります。その理由としてまず都合に合わせやすい就業スタイルが挙げられます。特に訪問介護の場合、直行直帰や短時間のシフトが可能です。家庭のこともあり限定的にしか働けない女性にとっては非常に助かります。
また、同僚に女性が多いので理解を得やすく、家庭の事情で休まなければならないときに助け合える環境があるというのも魅力的なポイントです。そして、訪問介護はブランクがあっても問題ない仕事であるという点も見逃せません。訪問介護は日常で行っている家事の経験を活かすことができるからです。また、事前に研修を行っている事業所も多いので、しっかりスキルを取り戻してから働き始めることができます。

パートからがおすすめ

再就職する場合に、いきなり正社員というのはやはりハードルが高いです。パートであれば採用もされやすいですし、高いスキルが求められる仕事を任せられることもありません。さらに介護職の経験があれば、採用率は非常に高くなるでしょう。ブランクによる仕事に対する不安も、パートで無理なく働くことで徐々に取り除いていくことができます。以前働いていたころとの仕事の変化なども実際に体験していくことができます。例えばまずは週3日からなど、無理のない範囲で始めて仕事に慣れていきましょう。
最初はパートでいずれは正社員を目指したいという女性は、社員登用制度のあるところを探すことになるかと思います。給与面やその他の待遇を考えれば、そこは断然正社員のほうが良いです。社員登用制度のあるところなら、パートで仕事に慣れることから始めて正社員としてがっつり働くという流れを同じ事業所で一貫して行うことができます。いずれにせよ、「最初はパートから」を基本的なルートとして考えたほうが良いでしょう。

両立を目指すなら

ブランクOKの求人を探すならきらケア
ブランクOKの求人を探すならきらケア

介護業界に特化したお仕事紹介サービスを行っているきらケアは、豊富な数の求人を取り扱っているためブランクOKな求人もたくさんあります。また、再就職が成功するまで徹底的にサポートしてくれます。

ライフスタイルに合った職場で働こう
家族の理解と協力
家族の理解と協力

両立を目指すのであれば旦那さんからの理解を得て協力関係を結ばなければなりません。なぜなら家事・育児・仕事をすべて一人でこなすのは無理だからです。どのような心構えで旦那さんと接すれば協力を得られるのかを紹介します。

働くには家事育児の両立が必須