介護分野は高齢化によって成長が見込まれる産業

もう一度介護の現場で働こう

高齢化に伴う成長産業

介護職は引く手あまた

産業への影響

これから先どんどん高齢化が進んでいくことが予想されていますが、それによって国内産業はどのような影響を受けるのでしょうか。高齢化が進むと労働力が減少し、産業全体は衰退していくことが予測されますが、ある一定の産業については成長が見込まれています。今まで労働者だった人が高齢者となり消費者としての側面が強くなっていくので、レジャーや旅行などの産業は今よりも活発になるでしょう。一人暮らしの高齢者が増えることで、家電や食品、住宅などの分野はそういった高齢者に対するサービスを充実させていく必要があるでしょう。
そして、高齢化によって直接的に影響を受ける業界として挙げられるのが、介護・医療分野です。高齢者が増えればそれに伴って医薬品の需要は高まっていきますし、医薬品の販売を請け負う企業なども成長していくことが見込まれます。厚生労働省では介護・医療分野のサービス強化に注力しており、制度改革を進めています。数兆円レベルでの予算引き上げを行っていることから、国全体で成長産業として期待されていることがわかります。特に介護分野では介護人材の増加や小規模型介護施設の増加などが制度改正の目標に盛り込まれており、高齢化社会に対する早急な対応が必要とされています。

介護業界は売り手市場

こういったこともあり、介護業界は売り手市場として知られています。需要に対して人材が足りず、どこの事業所も人材確保に躍起になっている状態のため、介護職として働くのであれば仕事に困ることはないでしょう。介護職が人手不足となっている原因としては、専門的な技術や知識が必要な仕事であるという点が関係しています。しかし、そういった状況とは関係なく高齢者は増え続けており、介護施設に入れない多くの待機者が出ています。待機者をなくすために次々に介護施設が作られていますが、そこに配置するだけの職員が足りていないというのが現状です。
これから介護業界に挑戦する人にとっては引く手あまたの状況は嬉しい部分も多いですが、いざ始めてみてから仕事がつらいと感じて辞めてしまう人が多いのも事実です。新しい仕事というのは働き始めてからじゃないとわからないことがたくさんあります。離職率が高いというのはネガティブな要素にも思えますが、逆に考えれば自分に合う職場をたくさんの選択肢の中から選ぶことができるということでもあります。「こういったところで働くのが正解」というのはありません。あくまで「自分に合っているかどうか」という基準を持って探していくことが大切です。このような価値基準をもって求人を探せる業界はなかなかありません。

両立を目指すなら

ブランクOKの求人を探すならきらケア
ブランクOKの求人を探すならきらケア

介護業界に特化したお仕事紹介サービスを行っているきらケアは、豊富な数の求人を取り扱っているためブランクOKな求人もたくさんあります。また、再就職が成功するまで徹底的にサポートしてくれます。

ライフスタイルに合った職場で働こう
家族の理解と協力
家族の理解と協力

両立を目指すのであれば旦那さんからの理解を得て協力関係を結ばなければなりません。なぜなら家事・育児・仕事をすべて一人でこなすのは無理だからです。どのような心構えで旦那さんと接すれば協力を得られるのかを紹介します。

働くには家事育児の両立が必須