パートをするなら家族からの協力が必要

もう一度介護の現場で働こう

家族の理解と協力

お互いのことを尊重しよう

相手を理解することから

家庭と仕事を両立するためには家族からの理解と協力が必須です。要は旦那さんとの関係が重要ということなのですが、家事育児の話をしようとしたら機嫌が悪くなる男性というのも残念ながらいます。だからといって感情的になってしまっては話が進まないので、どうやって話を切り出したらいいかを分析することが大切です。おそらく旦那さんも日々の仕事を頑張っているので「自分のことも認めてほしい」という気持ちがあるのだと思います。そのため、「いつもお疲れ様」などと簡単な一言でもいいのでねぎらってあげると素直に話を聞き入れてくれるかもしれません。
やはり、お互いを理解することが協力を得る一番の近道になります。仕事でヘトヘトだとしても、それは相手も同じです。そのため、「疲れた」という言葉を連発するのはよくありません。疲れているのはお互い様のはずなのに、まるで自分だけがひどく疲れているとアピールしているように思われる可能性があります。また、旦那さんが頻繁に「疲れた」と言う場合、「私だって疲れている!」と返してしまっては事態が前に進まなくなってしまうので、まずは「疲れた」をなるべく言わないようにお互い心がけましょう。お互い疲れているのは一緒なんだと考えることが大切です。とはいえ本当に限界の時もあるかと思いますので、その際は迷わずSOSを出すようにしましょう。
相手を理解するために大切なのは相手の話を聞いて共感することです。自分が経験していないことだとしても、最後まで話を聞けばある程度想像することができます。私には関係ないことだと決めつけてろくに話を聞かないというのはさらに関係を悪化させる要因となります。できるだけ相手を理解して相手の立場になって考えるようにしましょう。そうすれば「自分のほうが大変だ」という気持ちは自然となくなります。相手の話をお互い聞く習慣があれば、考えの違いがあっても理解したうえで冷静に話し合うことができます。
夫婦とはいえもともとは他人同士なのですから、違う考えを持っていて当然です。だからこそ、お互い歩み寄る姿勢が大切なのです。

いずれは二人で暮らすことになる

育児は毎日予想のつかないことであふれています。予定通りに物事が進まないことのほうが多いくらいですし、体力的につらい場面も多いでしょう。目の前のことをこなすだけであっというまに毎日が過ぎていきます。そんな中で一番近いところにいるのは旦那さんです。そして、いずれ子どもが自分の手を離れた後にはその旦那さんとの二人暮らしが始まるのです。どうせなら、二人だけの時間が再び持てることを楽しみに生きていきたいものです。そのため何度も繰り返すようですが、相手への尊重が大切なのです。
最後に、共働き夫婦が上手に家庭と仕事を両立するコツがのったサイトを紹介します。役割分担やルール設定の仕方など役立つ情報が満載です。

両立を目指すなら

ブランクOKの求人を探すならきらケア
ブランクOKの求人を探すならきらケア

介護業界に特化したお仕事紹介サービスを行っているきらケアは、豊富な数の求人を取り扱っているためブランクOKな求人もたくさんあります。また、再就職が成功するまで徹底的にサポートしてくれます。

ライフスタイルに合った職場で働こう
家族の理解と協力
家族の理解と協力

両立を目指すのであれば旦那さんからの理解を得て協力関係を結ばなければなりません。なぜなら家事・育児・仕事をすべて一人でこなすのは無理だからです。どのような心構えで旦那さんと接すれば協力を得られるのかを紹介します。

働くには家事育児の両立が必須